Posted by admin

太陽光発電というと昔は雪の降る地域には向かない。
なんて言われていました。
何故なら、雪が降ってしまうと太陽光のパネルが隠れてしまうので、
熱を取り込むことが出来ないからです。
ですが、最近は冬に雪のふる地域でも利用できる太陽光パネルが販売されるようになってきました。
雪の重みにも耐えることの出来るパネルを設置することで、
強度的にも安心です。
さらに、パネルに雪が積もってしまわないように工夫してパネルを取り付けるようにもなってきました。
屋根に直接パネルを取り付けるのではなく、
屋根から少し離した所にパネルを取り付けたり、
外壁に取り付けたりなどして、対応しているようです。
そのおかげか、北海道でも太陽光パネルを設置する家庭がとても増えてきたように感じます。
こういった取り組みのおかげで、
電気を自給自足することの出来る家庭が増えていくということは、
各家庭にも優しいですし、地球環境にも優しいので、
とってもいいことだと思います。