Posted by admin

北海道は日本一広い地域です。
東北6県がすっぽりおさまってしまうほどです。
この広い北海道での太陽光発電システムの普及率というのは、全国でも低いほうになります。
やはり雪が多いということが問題のひとつなのですが、それでも北海道のオホーツク海側では比較的日照時間が長く、太陽光発電に向いています。
事実、大手の会社が巨大な太陽光発電プラントを建設し、多くの家庭に電力を供給しています。
ところが、いま太陽光発電に新たな問題が発生していると言います。
それは太陽光発電を導入したくても、送電網が足りないという問題です。
送電線が通っていないと、太陽光発電で電力を作ってもそれを使うことができません。
北海道という地域の広さに対して、そこで生活している人が少ないことから、送電線がもともと少ないのです。
この問題を解決するためには、送電線を早急に増やす必要がありますが、現在必要とされているだけの送電線を作るとなると、7000円億円もの費用が必要になるそうです。