Posted by admin

北海道ではこの冬も出来る範囲での節電が要請されています。
このひっ迫する電力事情の中で、新築物件の場合、太陽光発電を設置しようかとお考えの方は多いと思います。
札幌市で設置する場合、やはり考慮せねばならないのは冬期間の降雪の問題でしょう。
札幌は日本海側の都市ですから、冬型の気圧配置が強まると降雪となります。
降雪量はかなり多く、発電パネルが雪に覆われると当然、発電量は減少するわけです。
以前は三角屋根に代表されるように、勾配が急な屋根が多かった北海道の家屋ですが、最近は無落雪タイプのフラットな屋根の家が多くなりました。
屋根の雪下ろしの必要が無いので楽なのですが、フラットな屋根に太陽光パネルを乗せると当然、雪が積もりやすくなります。
でも我が家の新築時、住宅メーカーの営業さんの話では、
「太陽の光の関係でフラット屋根の方が発電効率はいい。

ということでした。
つまり、積雪の問題はあるけれど、パネルの設置はフラット屋根の方が好ましい、ということのようです。
札幌のように雪が多い都市では、日光の入射角と反射角とを考え、さらに積雪との関係をしっかりと考えて設置することが重要なのでしょう。
住宅メーカーや太陽光パネル設置業者は積雪地の設置に関わるノウハウをいろいろと持っています。
展示場等で実際の設置状況等をいろいろと見て回ったり、設置された方の話を実際に聞いたりして、降雪対策等を納得できるまで検討されることをお勧めします。