Posted by admin

北海道では、広大な土地があります。
そこで、北海道が所有している土地を電力会社に提供することで、大規模太陽光発電所の建設が進められています。
太陽光発電は石油などの天然資源を使わず、豊富な太陽光エネルギーを利用するため、環境に優しい発電方法といえます。
また、発電時に二酸化炭素の排出がないために地球温暖化の防止にも役立ちます。
そして、近年、原子力発電所の稼働停止に伴い全国的に電力が不足しています。
そこで、安全で地球にやさしい太陽光発電所を北海道の広い土地に建設することで電力の安定供給を図ることができます。
さらに、北海道では、住民による太陽光発電システムの設置を進めるために、申請による補助金の支出制度を設けています。
住民自ら発電を行うことで、電力の消費を減らすことができますし、環境も良くすることができます。
この補助金制度を利用して太陽光発電システムを設置する家庭は多く、今後ますます北海道内での普及が見込まれています。