Posted by admin

最近、太陽光発電はブームになっていて、それを扱う業者の数も、星の数ほどになっていると聞きます。
実際、私の自宅にもいろんなところから太陽光発電のセールスの電話がかかってきます。
私は、業種は違いますが、訪問販売の仕事をしています。
そのため、訪問販売業者の内情には詳しいつもりで申し上げますが、訪問販売でモノを売るということは、基本的に値段交渉が可能です。
ここの金額よりしたには下げられないというボーダーラインというのが必ずあって、まず、一発目に提示される金額は、ほとんどの場合、何十万も上乗せされた金額です。
交渉のうまいお客さんや、金額に納得しないお客さんの場合、最終的に、一回目の提示金額よりも何十万も下がった状態で契約に至ります。
営業マンの会社での評価は、いかに金額を上乗せして契約をとってくるかで決まるのです。
太陽光発電の導入を考えている皆さんに知っておいていただきたいことは、営業マンが、金額を下げざるを得ないのは、他社と相見積もりを取られた場合だということです。
なので、必ず数社に対して値段交渉をしたうえで各社で見積もりをとり、それをまた他社に見せるという行動を取れば、安く導入が可能だと思います。