Posted by admin

日本は国際的に見るとかなりの経済の成熟した国です。
それにもかかわらず、電力の需給バランスがひっ迫するという可能性を秘めているというのは非常に大きな問題のようにおもえてなりません。
今後の政治判断にもよる部分はかなり大きいのですが、それでも電力が不足するということは、結果的に電気料金の値上げという形で生活に直結することになってしまいます。
さまざまな手法で自己防衛を凝らしてきた家計にとってはもはや限界の水準になってきているといってもいいかもしれません。
ところで昨年太陽光発電の導入をしました。
当初はさほど乗り気ではなかったものの、住宅のリフォームをする過程で、太陽光発電の取り入れも合わせて検討するようになりました。
もうすぐ補助金制度が終了しますが、補助金も利用できたので、おもったよりも安い費用での取り付けができて安心しました。
またほかの部分のリフォームと同時に同じ業者に任せて太陽光発電のパネルの取り付け工事をしてもらいました。
結果的に全体での工事金額をより抑えることにも交渉で成功しました。
実際に太陽光発電のパネルを取り付けてみると、当然ですが、家の屋根で発電しています。
そのこと自体がけっこううれしいことだったいもするものです。
天候にかなり左右されるとおもっていたのですが、少々曇っていても、日中利用するだけの電力をカバーすることができています。
ずいぶんと電気代を抑えられるようになってとても満足しています。