Archive for the ‘太陽光発電にして良かったこと’ Category

Posted by admin

少しでも早く活動停止にしてしまいたいという国民の総意になってしまいました。
あたかも、明日にでも津波が日本中を覆ってしまうかのような勢いにすらなっています。
そこには、「じゃあ足らずの電気量はどうするの?」の地に足のついた議論も影を潜めざるを得ない状況ですらありました。
逆に、その流れを受けて 太陽光発電の普及が、俄然急がれるようになり、種々の振興策が実施されるようになりました。
国からの太陽光発電導入の際の補助金、同様の県からの補助金、そして一番の目玉は 余剰電力が昼間発生した場合の電力会社の買い取り制度の充実があります。
それらのもろもろの制度を使うことで、1件あたり250万円程度で 太陽光発電を設置することが出来るようになっています。
私の知人の話では、以前 太陽光発電システムを導入しようとした時は400万円の見積もりが 業者から来て、びっくりしたらしいです。
太陽光発電設備を今取り付けて良かったのは「ずばり、安くなった」ということのようです。
400万円投資すると、投資した金を回収するのに 25年ほどかかり、全く現実的ではなかったようです。
そして もうひとつ彼がいっていたのは、ライフスタイルの大きな変更があったようです。
節電志向の生活様式であったものが、更に拍車がかかったようです。
どれくらい発電して、どれくらい自家使用して、どれくらい電力会社に買い取らせているかが、リアルタイムで 一目で確認できるので、空調消し忘れ、照明つけっぱなしということは一切なくなり、寒い日でも厚着して辛抱するように 自然となっていくようです。