Posted by admin

太陽光発電を設置して1年が経ちます。
1年間の四季を通して、どの季節が一番効率が良いか、どの時間帯に電気の無駄があるかなどが、よくわかりました。
ネットや雑誌などを見ていると、太陽光発電を設置したおかげで、電気の無駄がよくわかり、それによって光熱費を浮かせることができたという人が多いですが、我が家もそうです。
太陽光発電があるから、電気のありがたみが分かりましたし、電気の1日を通しての使い方もよく分かるようになりました。
今まではただ漠然と使い、漠然と電気使用量を見て電気代を支払っていましたが、太陽光発電を設置してからは、どの時間帯がどのくらい電気を使っているか、料金はどうか、太陽光の売電量と比較するとどうかなどを、自分なりに分析できるようになりました。
ネットなどでは、太陽光発電を有効に使うために、色々な豆知識が載っていたりしますが、私もいろいろ試してみて、少しでも電気代を無駄にしないように考えています。
今までは漠然と目に見えない電気の量を減らさなければと思っていましたが、なかなか実現できず、また実感も湧かなかったので、何となく納得できないものや、ストレスを感じたりしていましたが、太陽光発電にすれば、リアルタイムで使用量がわかるので、逆にそれがとても面白く、楽しくなってきました。
今はとにかく太陽光が出ている間は発電料を重視するようにして、深夜電力で家事全般をまかなうようにしています。
おかげで早起きになりましたし、生活にメリハリが出るようになりました。