ソーラーパネルの種類

気温とソーラーパネルの温度変化との関係性というのは、一見なんら関係のなさそうに思える事柄ですが、実は大変重要なポイントです。
実はソーラーパネルというのは温度変化に多少は強い構造にはなっていますが、温度変化によって大変熱効率のいい悪いが出てきてしまうので、大変効率に気を配ることが大切です。
そのため、材質などにも、気を配ったほうが言いというのは、選択のときに当然のことだといえます。
日本で最も歴史が長く販売されており、販売の主流となっているのが結晶型シリコンでできているソーラーパネルです。
結晶シリコン型には単結晶と多結晶とありますが、ここでは結晶シリコン型とひとつでまとめておきます。
単結晶タイプは最も古くから存在しており、高性能であり発電効率もいいのですが、非常に高額なのです。
対して多結晶型は非常に低コストで汎用性が高いのが特徴ですが、温度が上昇するにつれて発電の能力が下がるという性質があります。
そのため、南国地域をはじめとして酷暑が予想される地域で設置することによって、一番電力の確保を期待したい夏に発電量が下がるという残念な部分があります。
開発業者たちによって温度が上がっても余り発電出力が落ちない、シリコンを使わない太陽光発電モジュールが開発されるに至ったのです。
高温に強いソーラーパネルは、化合物系と呼ばれるタイプです。
代表的なものは、シリコンを使わずに3種類の希少金属によるパネル開発を実現しました。
結晶シリコン系のものより1割程度多く発電するので、南国や温度変化の激しい地域、直射日光の強すぎる地域などに人気があります。
今後実用化が進むものとして、有機型といわれているものがあります。
寿命と変換効率の面での架台が研究されていますが、非常に応用用途が広く、塗るだけでも簡単に太陽光発電が可能などの特性を持ったものなどもあるため、ハイブリッド車などをはじめとした車などへの電力への応用が期待されています。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>