Posted by admin

太陽光発電を自宅に導入したいと考えているのですが、疑問点が沸いてきました。
それは、北海道の札幌市内にあるわたしの家に太陽光発電システムを導入しても大丈夫なのだろうかということです。
太陽光発電システムというのは、その名前のとおり太陽光のエネルギーを電力に変換して電気を作るシステムとなっています。
北海道は北国ですから、冬はとても寒いですし、雪もたくさん降ります。
このような寒冷地で太陽光発電システムを導入しても、きちんと発電することはできるのでしょうか?寒い条件の中でも太陽光で電気を作れるのでしょうか?
気になったので、いろいろと調べてみました。
わたしが調べた限りでは寒冷地でも晴天率高い地域であれば、問題はないみたいですね。
太陽光発電システムというのは寒さが問題になるのではなく、晴天率が重要なのだそうです。
たくさん太陽光が当たれば、どんなに気温が寒くても発電することができるようです。
また雪の件ですが、太陽光発電システムパネルに雪が乗ってしまうと、太陽光が雪でふさがれてしまうため、当然のことながら発電はできません。
ただ、太陽光発電システムパネルはある程度傾斜がついているので、雪は落ちやすいので発電の大きな妨げにはならないようですね。
ですから、わたしの住んでいる札幌市でも太陽光発電システムの導入には問題はなさそうです。
札幌市でも太陽光発電システムは導入する効果はあるという事が分かったので、これから購入に向けて検討していきたいと思います。