Posted by admin

北海道にお住まいの方はもしかすると太陽光発電には強い関心があっても発電量が確保出来るかとか将来にわたってそのメリットはあるのかなど懸念されているのではないでしょうか。
太陽光発電は字のごとく「太陽」を燃料として発電するわけですから出来るだけ長い時間太陽の恩恵を受ける必要があることは言うまでもありません。
その恩恵の指標の1つが日照時間の長短になるわけですが、
北海道の日照時間を他の都府県と比較すると残念ながら全国的にもても日照時間が短い地域にカテゴライズされてしまいます。
ただし太陽光発電に必要なのは太陽の光だけではなくその他の気象条件も重要なのです。
とくに太陽光発電の効率を決めているのは気温です。
太陽パネルは低温には強く高温には弱いので、
日差しが強く高温になってしまう地域では一見発電効率が良さそうなのですが、
その様な事はないのです。
実際に太陽光発電の効率を見ると北海道は他の地域に比べて同等あるいはそれ以上なのです。
北海道にお住まいの方でこれから太陽光発電の設置を検討されている方は是非実行に移されてそのメリットを活用されると良いでしょう。