Posted by admin

北海道で太陽光発電を行おうと思っている時ですが、
どれだけ地球環境へ貢献できるのか、ということを考えている方も多いはずです。
太陽光発電を行っていく目的の一つが、
地球環境を守っていくというものになっていることは間違いないのです。
地球温暖化の影響をしっかりと感じてしまっている方も多いでしょう。
夏のあまりの暑さを経験している方が多くなっているのです。
北海道でもクーラーが必要な状況になってきてしまっているのです。
その点は詳しく、やはり誰しも考えていかなければいけません。
では太陽光発電システムの地球環境への貢献ですが、
かなり大きなものがあると言ってもよろしいです。
いま行われている発電ですが、地球環境に大きな負担を与えてしまっているのです。
では、具体的にどれくらい貢献できるのかを見ていきましょう。
ちなみに一般家庭で用いられることが多い、
3kwタイプの発電システムを例に挙げてみていきます。
3kwタイプの年間発電量は3000kwhといわれています。
3000kwhについてなのですが、
二酸化炭素を年間で約540キログラムも削減したのと同等に効果があるといわれています。
太陽光発電は一切、二酸化炭素を排出しないからです。
また、原油からも見ていくことができます。
いつか枯渇するとも言われている原油なのですが、
約740リットルも削減したことにつながるといわれているのです。
以上のような素晴らしい地球環境への貢献ができるのです。
太陽光を用いた発電システムを活用しまして、地球環境をよくしていきましょう。

get( 'keyword', 1 ) ?>
get( 'comment', 1 ) ?>